住宅の寿命 長くなる

体に優しい無添加住宅で健康を維持したい

現代の住宅はアスベストと構造がよく似ているスレート瓦を使用していたり、コストを優先するために化学建材を使用した家が増えています。

 

 

かつての日本の木造建築に比べると、住宅の寿命が短くなっており、住宅ローンが完済した頃にはリフォームや建て替えが必要になってしまいます。

 

 

化学建材を使用した家で生活をしていると、喘息やアトピー性皮膚炎などの疾患に罹りやすくなり、シックハウスによる体調不良に悩んでいる人が大勢おられます。

 

 

小さなお子様や高齢者のおられるご家庭では、シックハウスを防ぐために、無添加住宅を建てたい人がほとんどです。

 

 

専門業者に相談をすると、天然石を使用した屋根の素材を使用したり、外壁は漆喰を使用しているので、家の通気性が良く、カビやダニなどのアレルゲンの発生を防ぐ働きがあります。

 

 

無添加住宅の施工を行っている専門業者では、ヒノキなどの柱を使用した、伝統的な日本の住宅に近い施工を心掛けています。

 

 

生活をしていて、万が一体調が優れなくなった時は、きちんと保証をしてくれるので安心です。

 

 

住宅の寿命 長くなる無添加住宅では独自の外壁工法を行っており、結露の発生を抑えたり、火災の時も有毒ガスが発生せず、家の断熱性や耐久性を高めることができます。

 



 

▲上へ戻る