住宅の平均寿命

人や環境に優しいと評判の、無添加住宅

これまでの住宅建築において、何より優先されたものといえばコストに他なりません。

 

 

なるだけ費用を抑えるという名目で、合成接着剤や化学建材が多用された住宅が、日本国中に建てられたのは周知の事実です。

 

 

その結果住宅の平均寿命はより短いものとなり、子供を中心としてシックハウス症候群に悩む人の数が急増しました。

 

 

このままではいけない、そう考え研究に研究を重ね生まれたのが、無添加住宅です。

 

 

どのように時代が移ろおうとも、住宅はそこで暮らす人や家族が主役である事に変わりはありません。

 

 

安心して普通に暮らせる、孫子の代まで住める家作りがコンセプトになっています。

 

 

人体に有害だと考えられるものは極力排除し、昔全国のあちらこちらで見られたような天然の素材ばかりを用いているのが特徴的です。

 

 

健康被害が起きる心配のない工法を採用し、内装や外装にも安全性の高い素材を使用しておりますので、防虫効果が期待出来ます。

 

 

無添加住宅は、化学物質過敏症でお悩みの方にとっては心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

 

 

株式会社無添加住宅のサイトには、施工例や入居者の声も多数掲載されています。

 

 

興味がおありの方は是非資料請求してみたり、モデルハウスに足を運んでみる事をお勧めします。

 


 


 

▲上へ戻る